旦那が不在の時に活躍するホットプレートメニューで野菜も肉も炒めてモリモリ食べる!

・ウインナーの蒸し焼き ・チーズお好み焼き ・あんこ焼き ・根菜スープの献立です。
MENU

旦那が不在の時に活躍するホットプレートメニューで野菜も肉も炒めてモリモリ食べる!

・ウインナーの蒸し焼き
・チーズお好み焼き
・あんこ焼き
・根菜スープ

 

作り方

「ウインナーの蒸し焼き」
テーブルにドーンとホットプレートを置いて、子供主導で作ってもらいます。
ここでのポイントは、ジューシーで美味しいウインナーを調達すること。
これさえ押さえておけば、満足度がかなりアップします。
そして蒸し焼きにするために、ウインナーの下に野菜を敷きます。
ここでは安くて水分の多いもやしが活躍。
彩を添えるためにニラもお気に入り。
それ以外にも冷蔵庫に眠っていそうなキャベツなどの葉物野菜が簡単に火が通って便利です。
これらをホットプレートに敷き詰めて軽く塩コショウします。
野菜が温まった頃、その上にウインナーを載せて3~5分ほど蒸せば完成!
野菜はお好みでポン酢やごまだれでいただきます。
ウインナーのパリッという食感が最高です。

 

「チーズお好み焼き」
ホットプレートの上が空になったらざっときれいにして、次の調理はお好み焼きです。
元のタネには小麦粉、ベーキングパウダー、卵、鰹節を入れるのが我が家流。
プラス、たっぷりの刻み葱と溶けるチーズを投入するとコクのあるお好み焼きが完成します。
更にボリュームアップしたい時には薄くスライスしたお餅を入れるのがおススメです。
仕上げは各自で青のりやマヨネーズ、ソースをかけてモリモリ食べます。
小さいサイズをたくさん作ると焼き上がりも早く、子供達が食べるスピード対策にもなります。

 

「あんこ焼き」
小麦粉、ベーキングパウダー、卵、砂糖を適量入れたものを牛乳で溶いて、ホットプレートでクレープもどきを作ります。
それに市販のあんこと練乳を掛ければ完成。
食事の締めに必ず甘いものを食べる習慣があるので、ホットプレートを使う時の定番スイーツです。
ちょっと気取ってナイフとフォークで食べるも良し、手で食べるも良しです。

 

「根菜スープ」
ホットプレートメニューは子供達に任せてあるので、唯一私が作るメニューです。
根菜は免疫力アップに適しているので、子供達にはしっかり食べて欲しいですね。
人参、大根、ゴボウなどの根菜を塩+ごま油仕立てのあっさりスープにしていただきます。
野菜からもお出汁が出るので、コンソメと塩コショウだけで十分美味しいです。
ホットプレートメニューがしっかりしたお味なので、こちらは控えめな味付けにするのがポイント。

 

 

レシピの詳細・コツや感想

旦那が不在の時には「どうにかして楽したい」と目論んでしまう私。
そこで子供を巻き込んで、大好きメニューを簡単にいただく作戦です。
ホットプレートを活用すると調理の手間が省け、子供が積極的に準備に関わってくれる点が助かります。
また、お好み焼きがメインなのでお祭りの時のようにワイワイ賑やかに食べられることも子供に好評のようです。
最期の片付けも、ホットプレートと各自の取皿、箸、スープ用の鍋、スープボウルくらいなので短時間で済むのが嬉しいですね。

このページの先頭へ